好きなジャンル
  1. RPG
  2. ADV
  3. ACT
  4. 陵辱
  5. 異種姦

アルマと呪われし記憶の断片 体験版 評価/感想/プレイ動画

『アルマと呪われし記憶の断片』をプレイしましたが、私好みの陵辱系戦闘エロゲ作品だったので紹介させて頂きます。

 
タイトルやテキストなどの雰囲気は
かわいい感じでほのぼの和姦系に見えますが
エロシーンは陵辱異種系で私好みです。
 
戦闘エロが好きな気持ちが伝わってきましたね。
バトルファック好きにおすすめです。

体験版範囲のネタバレが若干ありますので、
ご了承ください。

製品リンク

現時点では12月27日発売予定。予定価格は1,430円。
ちなみに作者のCi-enでは今月中に発売したい旨を書かれておりました。。
ジャンルは陵辱/輪姦/異種姦

サークルは『和菓子日和』さん。絵師『水ようかん』さんの個人サークルで、本作で4作目のRPG。
絵柄からして実に可愛く、特に表情や手にこだわりを感じるお方ですが、今作でもいかんなく立ち絵などにそのこだわりを発揮されている気がします。 下記はPixivリンクです。

https://www.pixiv.net/users/5802581

前作の『ミレイユと幻惑の森アムリタ』も良かったですが(主に戦闘エロ)、個人的には前作以上に好みかもしれません。

おすすめな人

  1. 戦闘エロ好き
  2. 触手、異種好き
  3. ヒロインが好み、水ようかんさんの絵柄が好き
  4. 抜き目的メインだがゲーム性も楽しみたい人
 
戦闘エロはダメージ差分だけでなく、
母乳のみならず寄生などもあるとのことで楽しみです。

おすすめではないかもしれない人

陵辱系が好きなら大抵の方はいけると思います。
異種の戦闘エロメインかとおもいきやADVパート(対人)でも私は致したのでありかと。

タイトルやUIの雰囲気からすると和姦あまあま系を連想する人はいるかもしれませんが、
その辺りの層の人は違いますかね。

 
↑は人にすら抗えないくらい
弱体化し犯されるアルマ。

物語の冒頭

部隊となる物語の一か月前。
ある少女が魔法陣のようなものの中にいました。

「動いた…っ!これで本の通りなら…また、お母さんと…!」
などと述べており、凄まじく重い事情を感じさせつつ、舞台は本筋である物語へ移ります。

今作の舞台となるのは商人の町「シャーロット」
本作のヒロインである魔術師の「アルマ」は凄腕の魔術師であり、
この街で研究をしていた。

 
アルマちゃんの転がってるドットかわいいわ。
それでいて強気寄りデザインなのも自分好み。

しかしアルマは研究が詰まったことに加え、本人に怠け癖もあり、ごろごろしているうちに資金が底をついてしまいました。
お腹をすかせたアルマは酒場でご飯を食べようとするも、今までツケで食べまくっていたので断られます。

そんなアルマはある依頼を紹介されます。
それは『魔術師のみ限定。実力がある者求む』というあいまいな依頼。
報酬も高く、かつギルドの認可を通った正式な依頼であり、なにより空腹に耐えきれなかったために、この依頼を受けることに。

その後に依頼があった『ノイマンタウン』へ到着。
村人の話によると、どうやら半月ほど前から村のはずれで魔物が出没するようになったようです。
数々の冒険者が討伐しようとしたができなかったとのことで、依頼のあった村長の家に向かうことに。

村長の家に着いたアルマは村長から話を伺います。
どうやら魔物の魔力のようなもので冒険者たちの意識や体が乗っ取られてしまってい討伐できなかったようです。
その冒険者たちは徘徊して人を襲うようになり、また周囲の魔物達も獰猛になってしまっており、高額の依頼を出したようです。

アルマは魔物自体に興味があることと報酬の高さから依頼を受けることに。
強力な魔術師である彼女の運命はいかに…

 
アルマが魔物に興味を示したのはなんでだろう?
と思いましたが、
冒頭でのアルマの研究に関与してるんですかね。

評価/感想【期待度】

エロ度、ストーリー、ゲーム性の3点で述べていきます。
体験版なので期待度という意味での評価ですね。

エロ度 A-~A(異種の戦闘エロが好きな方)

体験版ながら致しましたね。個人的には下記3点が良かったです。

  1. 戦闘エロへのこだわりがいい
  2. アルマが魅力的。エロスの展開も良い
  3. ヒロインの手の仕草がエロス

戦闘エロが秀逸

一連の戦闘エロが抜きやすい仕様で良いです。↓の動画のように犯されループに、かつテキスト進行が自動に進むようになっています。
ちなみにボイスはBGVや一部喘ぎ声があるタイプ。音声注意です。

 
戦闘エロはある程度自動化してあるとしこりやすいので
非常に有難いですね。
ループは延々無限ループでなく、諦めることもできます。
 
この手の戦闘エロはフットスイッチを決定に割り振って
コマンド記憶にすると実に快適にしこれるんで好き。

戦闘エロの流れとしてはまずアルマの体力が50%を切ると敵は脱衣攻撃を仕掛けてくるようになります。
脱衣状態になってしまうと、敵はアルマを捕縛し犯してきます。(脱衣状態なら体力や防御が高くても捕縛されます。)

そうして捕縛され絶頂してしまうとアルマと敵は行動不能になってしまいます。
アルマのバステが進んでたり2体目の敵がいるとループとなることもあります。

 
普段凛々しいヒロインの
陵辱後のだらしない恰好。
たまらん。チ〇コに響く。

次に前述のように、『母乳』『寄生』など状態異常が豊富な点もいいですね。…寄生見てえええ!
やはり戦闘エロと言えば状態異常バステですよ。 状態異常や戦闘エロに相性のいいエロステもあります。(前作は無かった)

また淫乱度次第で発生するNPCとのエロシーンもありますし、戦闘エロ以外も大いに楽しめました。設定なんかも分かったりしますし、必読ですね。

アルマが魅力的でエロスの展開も良い

アルマが見た目、性格共に自分好みでしたね。
冒頭で述べたような人間らしい怠惰なだらしなさがある反面、
それでいてある人物が魔物に襲われた際に魔物の攻撃からかばったりする正義感があります。

 
強い女性が『くそがっ』
とか汚い言葉を使うのほんと好き。

その魔物の攻撃(呪い)によりアルマは弱体化してしまいます。
つよつよヒロインが弱体化するのは同人RPGの王道ですが、やはり良いですね。
無惨に犯されるのが映えます。

ヒロインの手の仕草がエロスで魅力的

あまり共感できるか分からないですが、
個人的にはヒロインであるアルマの手の仕草が好きでした。

アルマは魔術師であり、手の自由度が高めなため
立ち絵から凛々しさ、エロさを非常に感じました。

 
立ち絵が凛々しいとつい負けたくなる
癖になってんだ、負けるの。


ストーリー B+

体験版のストーリー自体は、前述もしましたが、簡潔に言うと

つよつよヒロイン魔術師『アルマ』がとある敵の『呪い』により弱体化して、
そのとある敵を追っていく。
その背後にはある女性が関わっているようだが… というもの。
こういう因縁があるモノは、物語に一本筋が通って先が気になるので好みです。

 
ちなみにケモミミがついたアルマや↑のキリエ達は
通称『獣付き』と呼ばれています。
 
獣付きは強い反面、強さを抑え込むモノがあります。
こういう設定がエロさと絡んでくるので
良い感じにしこれる作品でしたね。

ゲーム性 A-

ツクールMV製。ツクールエロゲとして良い感じにまとめっていて評価が高いです。
個人的に良かったのは下記3点。

  1. ヒロインや大きなドット絵が良い。世界観にのめりこみやすい。
  2. UI(テキスト含む)へのこだわり。
  3. 成長方式がレベリングだけでなく解放方式

まずヒロインは勿論キャラや村人はのきなみ大きなドット絵(他作品で言うとボスなどのサイズのドット)で構成されております。
これらはエロさに直結するわけでもないですが、作品やキャラへののめりこみ度合いが高まると感じているので良いと思います。

次にUIも独自性があって良いですね。かわいらしくポップで陵辱の悲壮感が減ります。
かわいそうなのは抜けない族でももしかしたらUIによる影響でイケ…るかはわからないですが。
個人的にUIが凝ってるととゲームやヒロインに入り込みやすい。

もっと陵辱系と分かりやすいUIやタイトルデザインにした方が良い説もありそうですが、逆に「このかわいらしい感じで陵辱だからこそ今風か?」とも思ったりします。

あと自分のキャラを強化できる方式がレベリングだけでなく割り振り式(ツクールでよくあるスキルパネル解放方式に近い)でスキルなどを覚えていく方式が良いですね。
この手の戦闘エロ作品は周回する可能性が高いんで相性がいいです。

総括

作者の戦闘エロやUI、デザインへのこだわり、触手などへの性癖を感じる素敵な作品でしたね。
個人サークルはこうじゃないと。12/27の発売が楽しみな作品です。

 
12月くんさぁ…やりたいエロゲが多すぎるよ。
幸せなことですな。

体験版プレイ動画リンク

https://ci-en.dlsite.com/creator/6991/article/574098

最近はFC2の事情によりCi-enで投稿しています。