1年間痴漢され続けた女 前編2話 開発!女格闘家 エロマンガ評価、感想

空手家のあかりちゃんが凌辱される2話となります。

感想①を見ていない人は、よかったら下記リンクを見てください。

関連記事

強い女が凌辱されるエロ漫画を探したりしてないですか? この『1年間痴漢され続けた女―前編―』では強いにもかかわらず、とある事情で痴漢され続けてしまう、JKあかりちゃんの物語です。 作者は、強い女が凌辱されるが感じてしまう女性を[…]

前話の簡単なあらすじ

茶髪でポニーテールが似合う主人公JKのあかり。
あかりは全国大会で空手で優勝するほどの強者でした。
しかし、その空手を教えてくれた父が暴力沙汰で逮捕されてしまう。

父は借金を残しておりました。
その借金を取り立てようとあかりのもとに借金取りがやってきます。
そこで借金取りは借金をなくす約束として、キャバクラに無遅刻・無欠席で1年間働けば借金を帳消しにすると提案してきました。

あかりは今まで空手ばかりで、性的なものには特に疎く過ごしてきましたが、断ることもできず、提案を受け入れます。

初めてキャバクラに向かう電車で、痴漢にあう彼女は、遅刻しないためにも騒ぎを起こすわけにもいかず、痴漢を我慢し続けます。

痴漢は胸や脚だけでなく、最終的にパンツ越しにマ〇コを触るとこまでいくのでした。
2時間の通勤の間痴漢され続けたあかりは、頭が混乱したまま初キャバクラの仕事をし、すっと眠るのでした。

第2話 始まった開発 胸だけで絶頂
以下感想ネタバレ注意

次の日の5月9日、再度借金取りからの約束を守るために、キャバクラにあかりは向かいます
昨日男達に体をパンツ越しに性器にまで触られたことをを悔しがりながら、電車に乗りました。

今度会ったらただじゃおかない、と空手家のあかりは思うのでした。

そんなあかりですが、再度魔の手が迫り、昨日の3人にまた囲まれます。
昨日みたいに辱められるわけにはいかないと思うあかりですが、

今度は胸の横だけを撫でられ、揉まれます。

来る日も来る日も来る日も胸の横を撫でられ続け、
胸がどんどん開発されていきます。

3人がかりで腕も拘束され放題のあかりちゃん可愛いです、はい。

6日目には胸の横を触られ続けるだけでパンツがびちょびちょ濡れ濡れになってしまいます。

そして7日目の日曜日。

日曜日なので流石に男達もいないと思う彼女は私服で、なんと

へそ出しキャミソールに太もも丸出し短パンでした。
ありがとうありがとう。

そして日曜でも彼らあかりファン三人衆(仮)はまた来て、

無遅刻無欠席の為に騒ぎを起こしたくない、あかりは再度囲まれます。

本当はいつでも倒せると心で思うあかりですが、

今度はついに胸をあらわにされます。キャミソール防御力ひっく!!

流石にここまでされては空手全国制覇をしているあかりちゃんは

本気で殴ろうとした

ところで不意に乳首をつままれ

攻撃キャンセル。

一週間で開発されすぎでしょと笑いそうになりつつ、フルカラー服ずらしキャミソールおっぱいに歓喜しました。

あかりちゃんは快感のあまりに体をビクビクさせ、
全然抵抗できず2時間いじられて、
おっぱいだけでイカされるのでした。
うーんちょろい!最高!

そして紳士痴漢たちはイッたあかりちゃんのキャミソールをいつのまにか直してキャミソール越しに終点までクリクリするのでした。これは職人。

評価、感想

2話は、あかりちゃんの感じる様がとてもよかったです。
キャミソール似合うわぁ。

抜きとしては、じらしの回なので胸しか責めないのもあり、抜きどころには欠けるかもしれませんが、次話へのつなぎであり、かつ、あかりちゃんをより好きになる重要な回だったと思います。

長編のクリムゾンさんの良さは焦らしですね。
1話完結タイプではないので、とことん女性を感じるように仕上げてきます。

というかあかりちゃんは格闘家全国優勝とのことなので、
戦闘描写1コマはあるかと思ったけど、もう戦ってくれる気がしない(笑)

次話予告

よかったらフォローしてください